入院生活

懸賞 2006年 06月 08日 懸賞

約1週間の入院生活の開始です。

私はどうやら“要観察人物”だったようです。
出産後ってよくマタニティーブルーになる人がいるっていうでしょ?
それとシュンスケの顔のあざのことで、
より一層落ち込んだりするんじゃないかって思われてたみたい。
本人はあいかわらず出産ハイの状態だったから、平気だったんだけどね。
でも体はぐでぐでで、縫ったところが痛くて思うように動けないことのほうが辛かったな。
それでもシュンスケの検査についていったりしてたんだけどね。
ほら、一応母親ですし、父親と両方の親に報告しなくちゃいけないから。

こういう時って、本当に母親(女)のほうがしっかりしてるもんなんですよ。
どーんと構えていられるっていうか。
旦那氏と義父の行動が同じで、やっぱり親子だなぁと思いました。
基本的に待てないみたい(笑)。
脳のCTとレントゲンを撮った日、小児科の先生とのタイミングが合わなくて、
夜遅くにやっとお話が出来たんです。
しょうがないじゃない、それって。
一応救急病院ですし、患者さんいっぱいいるし、私だって授乳してたりするし。
だから話聞いた後、一生懸命こっそり携帯でメール打ってると、
旦那氏から「要点だけまとめて、早く送って!」ってせかされるわけですよ。
もう、久々にブチッって音がしましたよ。
ゴングが鳴り響いて、最終的には旦那氏が謝ることで解決しました。

退院前日、シュンスケも今のところ異常なしということで、
一緒に退院出来ることとなりました。
助産師さんも優しかったし(厳しい人もいたけど)、あっというまの1週間でした。
(本当は友達でお見舞いに行くっていってくれた子もいたけど、私自身がとっても疲れてたので、お断りさせてもらってました。ごめんちゃい。)

今後出産される方の参考になればと思って、私自身の反省点をいくつか。
1.太りすぎは大変です。
 私は結局+12kgになったんですけど、下半身にお肉がついたんです。
 そうすると、いきむ時に贅肉が邪魔なんですよ。
 もっと体重管理をちゃんとすべきでした。
 ちなみに今は+7kgまで落ちました。先は長い…。

2.マタニティヨガと呼吸法はやっておくべきです。
 ヨガはあまりに動きがゆっくりで、本当に意味があるのかやってるときは謎でしたが、
 いざ陣痛が始まっていきみだすと、結構体使います。
 特に、股関節ね。
 それに呼吸法はもう絶対やっておくべきです。
 これを覚えておくだけで、だいぶ陣痛が楽になるし、パニックにならなくて済みます。
 
これからという方は、参考にしてもらえたら嬉しいです。

これからがママらいふ本番です。
頼れるのは自分のみ。どうなることやら…。
[PR]

by youguo | 2006-06-08 10:33 | ママらいふ

<< 旦那氏来る   出産後… >>